爆弾低気圧のあと
湧別は大変な暴風雪だった。
昨日昼過ぎから湿った雪が暴風雪とともにごうごうと音を立てる。
車道は吹きだまりに埋もれ、歩道と区別がつかず、もちろん車は走らない。
我が別荘の屋根、テレビアンテナも曲がるほどの風雪だった。
夜、玄関の扉が開かなくなっては閉じ込められるので、1時間ごとに掘り起こす。
雨が混じったのかとても重たい。
今日の昼、風は強いが雪がやっと収まり、セレナ君を掘り起こして一日で積雪90センチの町に向かったのでした。
d0142359_2218775.jpg

d0142359_22181732.jpg

d0142359_22182561.jpg

Canon S100
[PR]
by yellowbrick | 2014-12-18 22:26 | オホーツク | Comments(2)
Commented by じゅん at 2014-12-19 12:43 x
こりゃたまらんですね。
でも、申し訳ないけど、ちょっと羨ましく感じたりもしてしまいます。
Commented by yellowbrick at 2014-12-21 08:00
●じゅんさん>
四季の明瞭さと、厳しさが、体ごと感じられるようなところです。
毎日125キロ運転していると、すごいなぁ、と思う景色に出会っています。
車を止めてカメラを出して降りる、というゆとりがほしいのですが・・・。
<< 雪のない秋でした 静かな川 >>