夕暮れに
雨雲が頭上にかかり、雨が降り始めた。
が、夕日が差し込む。
直感的に、虹が出ていると思った。
カメラを持って少し歩いたら、虹の全景を見ることができました。

ところで・・・。
金曜の夜9時頃、紋別の小向を過ぎた辺りを運転していた時のこと。
突然、路上に何かの真っ赤な塊がボコボコ、数え切れないほどに転がっていて、ハンドルが揺れ出したのだ。
スイカ?それとも違う果物?
しばらく走ったところで、魚の臭いが鼻をついた。
鮭が転がって、車につぶされ粉々になっていたのだ。
その距離3キロはあっただろう。
ビッシリその状態は続いていた。
おそらく大きなトラック満杯に積まれた鮭が、全部落ちたのだろう。
でも、その後を通ったものにしたらたまったものではない。
ものすごい悪臭が車に染みついて、これがとれないのです。
ディーラーで洗車してもらって、少しはましになったが、まだまだ完全にはとれません。
それにしても、落とした側にしたら大損失だったことだろう。
今朝、その道路を通ったら、落ちら魚の頭が無数に転がっていて、カラスがつついていました。
この話をとある所でしていたら、それ、たぶんカラフトマスだわ、とのことでありました。
鮭の漁は10月が本番なのだとか。
d0142359_0542783.jpg

Nikon Df : AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
[PR]
by yellowbrick | 2015-09-21 01:33 | オホーツク | Comments(0)
<< 北限のリンゴ サンゴ草 >>